指導理念

(日曜フットサルアウラ-競技クラス)

スポーツを通じて世界中とコミュニケーションを。

性別、年齢、人種の垣根関係無く、同じ時間・空間を共有できる『スポーツ』を、『非言語コミュニケーションツール』として捉え、
スポーツを起点として積極的に誰とでも気軽にコミュニケーションを展開できる人間性を育みます。
また、身体を動かしアクティブに健康を維持しながら『生涯スポーツ選手』としての土台作りを行います。

『楽しい』を極め、沢山の『楽しい』を体験する場を提供する。

レッスンに参加する楽しみ、コーチやお友達と会う楽しみから、試合をする楽しみ、 勝つ楽しみ、できなかった事ができる様になる楽しみなど、子どもの『楽しい』には沢山の種類があります。 今その子が何を楽しんでいるのか、どんな楽しみ方が好きなのか。その子の成長に合った様々な楽しみ方を提供し体験させていく事で、受動的な与えられた『楽しい』から、能動的に自分で『楽しい』を創りだせる人を造ります。

新しい世界を創る人を造る。

国と国、人種を越えての交流、仕事が当たり前になりつつある今、 『スポーツをツール』に『楽しいを極め』、人生をより良く生きる為の力、能力、生活力(ライフスキル)を育みます。